Web業界へのSI業界からの転向について

SI業界からWeb業界に転職しようと考えている方は少なくありませんが、同じIT業界であってもSI業界とWEB業界は違う部分がたくさんあります。

SI業界はどちらかというと、顧客が要求されているものを正しく作ることが求められている業界のため、新しい付加価値や技術を日々追い求めなければいけないということはあまり必要ありません。つまり、顧客が要求する機能をどのような技術または方法で実現するかということよりも、顧客が必要とする機能をミスなく正しく実装することが大事、という世界なのです。よって、SI業界では完成品がどのような最先端アーキテクチャによって構築されているのかということよりも、価格がいかに安価か、開発期間がいかに短いか、ということにスポットライトが当たることが多く、そのため如何に開発コストを抑えるかが何より重要になるのです。そのため、SI業界では開発コストをぎりぎりまで落とすために開発工程をなるべく機械化し、工程によっては単価の安い人材を活用するケースも少なくありません。

そして、開発工程の効率化は進めれば進めるほど各工程における個人依存率は低くなりますので、極端に言うと「誰でもできる仕事」になりがちです。そのような環境に慣れたエンジニアがWeb業界に転職すると、新しい技術に対するアグレッシブさや、新しい価値を自分で見出すことが求められるそもそもの環境の違いに戸惑ってしまう可能性があるでしょう。