SI事業からの転職で人気の職種

エンジニア需要は現在高まっているので、基本的にはSI業界からの転職先には困らないのではないかと考えている人も多いことでしょう。しかしそれで情報収集を怠ってしまうと転職を失敗してしまう可能性も出てきます。そこで、SI事業からの転職先として人気のあるWebエンジニア、社内SE、コンサルタントについて軽く紹介します。

まず最初はWebエンジニア。SI業界と異なるのは「自社サービスを自社開発している」ことです。受託請負型ではなく、あくまで自社内で開発します。必須スキルとしてはコーディングです。JavaScriptやPHP言語、さらにアプリ開発等の経験があればさらに強みが増します。常に最新技術を追い求めている人には良い職場といえるでしょう。
2つ目の社内SEですが、「企業内IT担当者」がざっくりとしたとらえ方です。こういう場合、会社自体はIT企業ではないパターンがほとんどのようです。ここでは「PCや技術関係に関してのトラブル解決の何でも屋さん」になりがちで、社員のサポートをするのが主な仕事となります。ですので、ある程度SI業界での知識と経験が身についている方でなければ難しくなります。ですが、IT企業ではない職場で働いてみたいという人にはおすすめです。
そして最後にコンサルタント。特にITコンサルタントです。エンジニアの人材は常に不足しているので、自分にSI業界経験があるのは強みとなるでしょう。相手は人になりますので、それに伴い仕事量や気遣い等は増えるでしょう。しかしその分、高給職です。また、若い内にキャリアを積みたいという方にもおすすめでしょう。

転職先は、現在の自分を見つめなおし、しっかりと情報を集めて適正を考えたうえで決定することが大事といえるでしょう。