転職を決めてもすぐには転職しない理由

IT系のエンジニアとして働きたいと考えている人は最初にSI業界を選ぶことが多いものの、厳しい現場の状況を知ってすぐにSI業界からの転職を思い立つ人もよくいます。しかしそこですぐに仕事を辞めてしまうエンジニアはほとんどいないのが実情であり、もはやSI業界で働くことはないという気持ちを持ったとしても数年はSI業界で働き続けているのが一般的です。他の業界で働くと決めているのにSI業界に執着するのには意味があり、目標を立てて達成してから転職しようと考えているのでしょう。

SI業界からの転職をする前にシステム開発の全体像を理解するのが目標となっているのです。システム開発を担えることはIT系のエンジニアとして必要な能力であり、SI業界で働いていればその最初から最後までを仕事として行うことができます。システム開発を一人前に行えるようにならなければ他の業界でITを専門とするエンジニアとして活躍できないと考えて、数年間は精進の期間と捉えて努力しているのです。働きたい業界を見つけてエンジニアとして転職するための基盤を作る期間という位置づけと言えるでしょう。SI業界で数年間働ければ十分な能力が身につくのは確かであり、頃合いを見計らって転職活動を開始し、目標を達成したという実感を持つと同時に転職先を決めるという周到なエンジニアも増えているのです。それに協力してくれるエージェントも多くなっているので非常に心強いでしょう。