ビジネススキルも求められるSI業界

SI業界で働くエンジニアは開発力があるだけでは十分ではありません。SI業界からの転職を考えるエンジニアはSI業界での適性がないという判断をしている場合がよくあります。これはIT系の知識や技術を蓄えてきて活躍できるだろうと考えていたものの、業界で求められている人材はただ開発力があるだけのエンジニアではないと現場で実感して断念するからに他ならないでしょう。開発力はあくまでエンジニアとしての前提であり、それに加えてビジネススキルが求められているのがSI業界の特徴です。

クライアントとの取引の中心になるのもエンジニアであり、ヒアリングから納品に至るまで密にクライアントとコンタクトを取らなければなりません。その際のビジネススキルの高さ次第でクライアントの満足度が大きく左右されます。うまく話をすれば満足してもらえるシステムになっているのに、提案力がなくて注文をもらえないとなってしまっては企業としては痛手でしょう。開発中の相談にも、納品時の説明にも同様のことが言えます。

そのため、ビジネススキルがあるエンジニアほど出世する傾向があり、管理職になってずっと働ける状況にまで上り詰めるには自分の能力が足りないと感じるエンジニアは多いようです。SI業界からの転職を早めに決断しておいた方が自分の将来性を高められると考えるのももっともなことでしょう。結果として、数年間のSI業界での勤務の後で転職して新たにエンジニアとしてのキャリアを作り始める人が増えています。